熊本 裏風俗

熊本県はどちらかというと裏風俗はそんなに多くない?

47都道府県すべてにあるかわかりませんが、
裏風俗はいまだにたくさん存在しているのは事実です。

 

代表的なのは大阪の飛田新地などの
かつての遊郭を思わせる風俗街です。

 

大阪はソープが禁止ですがいまのところ
新地は黙認される特別な存在となっています。

 

ただ基本的に裏風俗はリスクが高い傾向にあるので
あまり利用しないほうがいいと思われます。

 

飛田のように有名なところだとまだいいですが、
プレイ内容や部屋の作りはたいしたことがない、
という声もちらほらきかれます。

 

あと裏系は違法性が通常の風俗より
高いと認識されてるので摘発に遭遇して
無駄な時間を過ごすことになるリスクも高くなります。

 

例えば裏風俗の代表に本サロがあります。

 

本番ありのでピンサロということで、
けっこうヘルスが禁止されてたり、
なかったりする地方都市にある場合が多いです。

 

まあ本サロくらいなら値段があらかじめ決まってて、
お客が自ら足を運ぶ形になるので
妙なトラブルにはつながりにくいです。

 

問題は客引きですね。

 

客引きは各自治体の条例によって
最近は厳しく取り締まるようになってきて、
全国的に縮小傾向にあります。

 

しかしそれでもおかまいなしにやる人はいるので
完全に撲滅させることは人間がいるかぎり不可能です。

 

熊本県の場合も下通という有名な繁華街がありますが、
そっち系のお店もけっこうあるようで、
歩いてると高確率で声をかけられるという情報もあります。

 

客引きを今のご時勢でしているところは
たいていぼったくりバーなどですので、
かまわないことが一番の対策となります。

 

熊本市は風俗店がもとから多いことから
裏風俗は他の地方都市と違って少ないかもしれません。

 

一部のピンサロは本番までできるとか
人吉のキャバクラは追加料金を払えばやらせてもらえる、
などの情報もありますが真意の程は謎です。

 

ちなみに立ちんぼもそれほど多くないようです。

 

立ちんぼとはラブホ街などに突っ立ってる女性のことで、
交渉をして事に及ぶという裏風俗の一種です。

 

福岡県に立ちんぼがすごく多いようですが、
九州全土がそうではないようです。

 

熊本県でラブホテルが集中している地域は
熊本市中央区の九品寺になりますが全然いないとのこと。

 

ちなみに熊本市は2012年の4月から
政令指定都市になったので風俗関連に厳しくなる可能性があります。

 

さすがにソープ街がなくなることは考えにくいですが、
締め付けが強くなったら仕方ないから裏風俗としてやるしかない、
と思う人が増えてくることも考えられなくはないです。

 

ということで熊本県は今後も注目していきたい場所のひとつです。