熊本 遊郭

熊本で栄えた遊郭は九州最大の規模を誇っていた

熊本県の裏名物といったら風俗をおいて他にはありません。

 

条例によって熊本県各地の都市にあるわけではないですが、
熊本市には街が形成されるほどの風俗店が密集しており、
特にソープランドは全国的に有名です。

 

場所は熊本市電の花畑町駅付近の下通や中央街界隈。

 

風俗街最寄の駅が花畑とはなんとも素敵な偶然が重なったものです。

 

下通は九州最大級の繁華街として知られており、
東の方にいくと風俗関連のビルやソープ街がある中央街に出ます。

 

ソープは40〜50店舗と全国的にも多く、
昔の風俗街に負けないくらいの規模だと思われます。

 

昔の風俗街は遊郭のことを指し、
売春防止法ができる1958年までは
公に売春が認められていた時代になります。

 

遊郭はいまでいうところのソープランドの位置づけですが、
現在みたくお風呂やマットプレイではなく、
本番が主流だったと思われるので、
ちょんの間といったほうが適当かもしれません。

 

よって全国各地に遊郭が作られたのですが、
熊本県はその中でもかなりの規模を誇っていたようです。

 

遊郭は三角町、中深町、八代町などにもあったようですが、
熊本市の遊郭は別格の規模を誇っていました。

 

ただ当時栄えていたのは下通界隈ではなく二本木町でした。

 

二本木町はJR熊本駅の近くで、
下通からは直線距離で2kmほど離れています。

 

本当のはじめは熊本城の近くにあったようですが、
西南戦争で全て焼失してしまったことから
二本木町に移されたといわれています。

 

二本木遊郭が成立したのは明治10年のことで、
当時は妓楼が73軒、娼妓は600〜800人以上いたとされます。

 

九州の他県でも非常に栄えた遊郭はありましたが、
そこまで大きな規模は熊本以外になかったと思われます。

 

ただ残念なことに、今ではほとんど痕跡が残されてないので、
二本木町にいってもあまり良い画はとれないかもしれません。

 

明治時代のものと思われる建物や旅館が散見できますが、
おそらく戦火にもあったことでほとんどなくなったのでしょう。

 

戦後直後は赤線地帯となって妓楼は50軒弱あったそうですが、
この頃になると高田原遊郭だった場所(現在の中央街)のほうが
規模が大きくなり、140軒近くの妓楼があったとのこと。

 

昔は福岡の中州を凌ぐ風俗店があったとされる
下通と中央街周辺地域ですが、歴史からそれが読み取れます。

 

売春防止法が施行されると規模が縮小してしまいますが、
現在も性風俗営業の許可地域として中央街(の一部)が認定され、
受け継がれてることはありがたいものです。

 

ちなみに八代氏にあった遊郭は19軒で、
遊女は150人以上いたそうです。