熊本 ヘルス

熊本県はファッションヘルスもしっかり健在

熊本県といったら九州の県のひとつ、
としか思っていない方もおられると思いますが
深く探ると実に多彩な特徴を持っていることがわかります。

 

世界一のカルデラをもつ阿蘇山をはじめ
古代の遺跡が発掘されたり、加藤清正が統治したという歴史、
農業や水産業が盛んで多くの名産品があること、
温泉などの観光資源に恵まれていること、

 

などなど実に多くの顔をもっている県です。

 

人口は九州地方では福岡についで多く、
減少傾向がみられるものの、
県全体では180万を超える人々が暮らしています。

 

県庁所在地の熊本市は政令指定都市になっており、
人口は県の3分の1以上である70万を超えます。

 

そして知る人ぞ知るもう一つの顔があります。
それが風俗が多いことです。

 

風俗街に関しても福岡に次ぐ規模を誇っており、
ソープ街は全国的に有名なほど活気付いています。

 

風俗好きなら一度は訪れて欲しいところといえます。

 

熊本市には下通・中央街付近が大変賑わった
歓楽街を形成しており、連日多くの人が足を運びます。

 

歓楽街といったら鹿児島県にもあって、
面積もそれなりに大きいのですが、
福岡や熊本と決定的に違うのは風俗店の発展状態です。

 

鹿児島は上記2県と違って風俗に厳しく、
ソープやピンサロはあってもヘルスがないという
地方都市ではありがちな特徴を有しています。

 

デリヘルはたくさんありますが、
店舗型風俗が非常に少ないので、
中央街を知ってる人がいくと
拍子抜けしてしまうと思います。

 

条例の関係で熊本県もほとんどというか
店舗型風俗は熊本市に集中していますが、
あらゆるジャンルのお店があるので
九州南方や西方とはレベルが違います。

 

ただ最近はデリヘルが主流みたいになってるので、
熊本でもヘルスの数はそんなに多くありません。

 

それでも10店舗前後存在してるようなので
地方都市にしてはかなり多いほうです。

 

地方はソープかピンサロかデリヘルの
3種類が台頭してるのがふつうになってきてるので
ファッションヘルスはめずらしい存在になりつつあります。

 

パッとみた感じで熊本のヘルスといったら、
というような大きな特徴はないかもしれませんが、
お店のジャンルでは学園系、お姉さん・塾女系、
ノーマル、メイド、マット店がある感じです。

 

住所で言うと全て下通と中央街になります。

 

おそらく有名なのは楽園ビルだと思います。

 

そこには4店舗ほどのハレンチ系箱ヘルが入ってるのですが、
あからさまに看板を掲げているので一目でわかります。

 

ハレンチグループは全国展開する老舗風俗店なので
利用するにも働くにもいいところだと思います。