風俗 性病 熊本

風俗の性病リスクについて|熊本県のソープは楽しいが…

熊本県は九州の中部に位置するということで
日本の中ではかなりの南かつ端の方に位置しますので、
一般的には地方都市の一部に入ります。

 

しかし、県庁所在地の熊本市は人口が70万を超えるので
静岡県の都市と同じくらいの規模があり、
政令指定都市にもなっているほどです。

 

最低賃金は全国ワーストクラスでありながらも
福岡県がわりと近いことや観光資源にも
恵まれてることから地方都市の中では
かなり有利なほうに入るのではないでしょうか。

 

しかも風俗関連施設も多く出店してることもあり、
県内のみならず県外から訪れる客はすごく多いと思われます。

 

日本でも風俗の締め付けは年々強くなってますが、
まだまだ何千店もあるので存在感はまだまだ健在です。

 

熊本県は全国有数の規模を誇る中央街のソープ街があり
店舗数は全国から見てもトップクラスです。

 

しかも入浴料とサービス料を足した総額が全体的に安く、
ソープ嬢のレベルが高いとあって、
その評判は全国にまで及んでいます。

 

熊本県はなぜだかNSで出来るお店が多いことで有名なので
それを目当てにしている男性がかなりいます。

 

やはりなんだかんだいって小細工をしないほうが
気持ち良いことは間違いないと思うので、
人気が高まるのは必然だと思われます。

 

しかし生だと性病をもらう可能性が高くなるので、
ある程度の覚悟をもって望んだほうがいいですね。

 

もちろんそれは男性女性関係なくです。

 

有名から無名までいろんな店舗がある中央街ですが、
いくら性病に関する意識が強いからといって、
お客の意識が高くなければ意味がありません。

 

来客が特定の女性としか性交渉をしないのなら
確率は0といえますがそんなことはありえないですよね。

 

個々の性感染症はどれも移る確率は高いとはいえませんが、
ソープ嬢の方は客と違って1日に何人も相手をすることになるので
可能性はぐんと高くなると思われます。

 

ということで熊本の風俗を全く勧めない方もいます。

 

確かに遊び場としては最高かもしれませんが、
その分リスクも高くなるのは定石かと思われます。

 

それでも稼ぎたいのであれば会員限定を掲げる
厳格な高級店(ブルーシャトウなど)にがんばって入るか、
下通でセクキャバかオナクラ、ヘルスあたりで
働いたほうがいいかもしれません。

 

ソープよりは少ないものの熊本県は長崎や佐賀などより
そんな厳しくないのでほとんどのジャンルがあります。

 

もちろんキャバクラも何店舗もあるので、
性病が怖いのなら飲み系かソフト風俗にしましょう。

 

ソープ以外にも熊本県ではデリバリーヘルスなどもあります。
熊本県の風俗事情を紹介しているページもあるので参考にしてみてください。