熊本 風俗

熊本県の風俗は九州のみならず西日本屈指の規模を誇ります

熊本県九州の中央に位置する地域で、
範囲は西方の有明海に浮かぶ天草諸島の大部分を占めます。

 

東は世界的に有名なカルデラを形成する阿蘇山があり、
現在も活発な火山活動があると見られており、
有毒ガスが発生したら観光客の立ち入りが制限されます。

 

九州地方は特に火山が多いので、
熊本県にもひしめくように県内各地に温泉があり、
温泉マップを見たら隙間がないほどの数があります。

 

歴史的にもいろいろな出来事があり、
北海道などと比べるとその奥深さを感じられます。

 

観光名物のひとつに熊本城がありますが、
そこだけでも隅々まで見回したら1日が
潰れるほどの規模を誇るといいます。

 

島原・天草の乱や日本で最初の公害といわれた
水俣病の発生など嫌なことも含めて
いろいろな特徴があるのが熊本県です。

 

あと九州=南国というイメージが強いですが、
熊本県は意外と寒いときは寒く、
気温がマイナスになる日が年間平均で
12日ほどもあるから驚きです。

 

そして隠れた名物として有名なのが風俗です。

 

熊本県は位置的に地方都市と区分けされると思いますが、
県庁所在地の熊本県は人口が70万を超える大都市で、
風俗街もあっていろんな意味で発展を遂げています。

 

しかもソープ店の数が地方都市の中では
異例中の異例で50店舗前後あるといわれています。

 

あとソープには及ばないもののヘルスもピンサロもあり、
キャバクラやピンサロも当然のごとくあります。

 

夜のお店が集中しているのは
熊本市中央区の下通と中央街界隈になります。

 

下通は九州トップクラスの規模の繁華街を形成しており、
飲食店、服飾店、美術館、などなど
上通商店街と並びたくさんの施設があって、
足せない用事はほとんどないと思われます。

 

すべての店舗をあわせると1000店を超えるといわれており、
九州一の繁華街としてしられる福岡の中洲にも
引けをとらない規模だと感じられるでしょう。

 

やはり目を引くのがソープの多さと質です。

 

熊本県は首都圏などの大都市と違って
利用料金が安い割りに女性のレベルが高いと有名で、
全国にその評判が及んでいるほどです。

 

レベルとは顔以外にもプレイ内容も含まれます。

 

ちなみに昔は風俗店がもっともっと多かったらしく、
中州を上回る時期があったそうです。

 

また、そのころは西日本一ともいわれていたとのこと。

 

この地方は加藤清正などの影響もあってか
昔から大規模な遊郭が形成された歴史もあり、
現在もその流れを色濃く受け継ぐ貴重な土地となっています。